車

車のスペックや構造に興味を持つことからスタート

車内という空間

1人ドアを開けシートに座りドアを閉める。エンジンをスタートさせる前の車内は凛とはりつめた空気がある。外界と完全にシャットアウトされたような感じがする。つまりそこには「自分だけの空間」が存在する。この空間は誰にも干渉されず、自由気ままなひとときを過ごすことが出来る。お気に入りの曲を聴きながらお気に入りのルートを走る。たまには音楽を流さずエンジン・エキゾーストノート・街の喧騒を直に感じながら走るのも悪くは無い。車は走る道によって全然違う表情を見せる。その表情を見ることが出来るか出来ないかは全てドライバーに委ねられる。そう考えると、自由であって決して自由で気ままな空間ではないのかもしれない。どう操るのがベストなのか、意外と真剣勝負でもあったりもする。そんな複雑なことを考えなければならないところのも、車の良さだろう。朝と夜では街の表情、そして道の表情が全然違う。朝は忙しなく悲鳴のようなエンジン音を響かせながら走る車の群れ。その悲鳴は建物やアスファルトに共鳴し、日本独特の朝が表れる。夜は街の明かりで照らされ、見慣れたソリッドカラーの車が妖艶な雰囲気を醸し出す。例えそれがオーソドックスなスポーツカーであったとしても、日中とは一味違う何かが。車に乗り込んだ瞬間から現実と平行した、ちょっと違う世界へ行くことが出来る。

New Posts

車内という空間

1人ドアを開けシートに座りドアを閉める。エンジンをスタートさせる前の車内は凛とはりつ…

はじめてのクルマ選びはどうすればいいの?

初めての車選びはワクワクする反面、どういった車を選べば良いのかという不安もあるはず。…

カーシェアリングでプチリッチライフ

都会ではセカンドカーを所有するなど遠い夢ですよね。普段運転していない奥さま方…

車から人は見える

私は、男の人を見るときには、その人の所持している車を見て、付き合うか付き合わないかを…

Copyright © 2017 車のスペックや構造に興味を持つことからスタート All Rights Reserved.